はきもの

はきもの · 2022/08/31
かつて日本人の足は「だんびろ甲高」だと言われていました。 足長に対して幅が広く甲が高いため欧米の靴を選ぶときはワンサイズ上を買うという年配の方のお話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし戦後70年、日本人の生活様式や食生活は様変わりし、体型も大きく変化しました。...

はきもの · 2022/07/25
約束の午前0時。 魔法が解ければ眩いドレスはボロ着に、輝く馬車はカボチャに戻ってしまう。 王子様と夢のようなひとときを過ごしていたシンデレラは慌てて舞踏会を後にしますが、うっかりガラスの靴を落としてしまいます。 美しいシンデレラを忘れられない王子は残されたガラスの靴に合う女性を探し回り、ついにシンデレラを見つけ出したのでした。...

はきもの · 2022/07/20
昨年、インドでビーチサンダルをカンニングに利用したという事件があったようです。 https://karapaia.com/archives/52306394.html ビーチサンダルの底にBluetooth機器を仕込み外部の協力者と通信して回答を教えてもらう手口で、25人以上が逮捕されたとのことですが、改造サンダルの価格は日本円して約100万円とのことです。(現在のレート:1ルピー=1.73円で計算)...

はきもの · 2022/07/09
「ビーチサンダル」の別名 まとめ ビーサン ゴム草履 島ぞうり(沖縄) 水雪駄(和歌山) ゴムジョンジョン(静岡) Flip-flops(アメリカ) go-ahead(アメリカ) Thongs(イギリス、オーストラリア) Tongue(フランス) Vietnamki(ロシア) tsinelas(フィリピン) smeagol(フィリピン) Slops(南アフリカ、ジンバブエ) visplakkies(南アフリカ、ジンバブエ) Hawaii Chappal(インド)...

はきもの · 2022/07/08
前回、日本におけるビーチサンダルの別称について書かせていただきました。 ビーチサンダル ビーサン ゴム草履 島ぞうり ゴムジョンジョン 水雪駄 個性豊かな色々な呼び方がありましたね。 しかし残念ながら、これらの呼称は全て世界ではほとんど通じません。 島ぞうりや水雪駄はまだしも「ビーチサンダル(Beach Sandals)」すら通じないんです。...

はきもの · 2022/07/04
突然ですが、質問です。 こういうサンダルのことを何と呼びますか?↓

はきもの · 2022/06/15
夏の風物詩、ビーチサンダル。 コレ、どこで生まれた商品だと思いますか? やっぱりアメリカ? いやいやブラジル? もしかしてイタリア? 意外と知られていないのですが、実は日本発祥なんです。 コトの起こりは戦後間もない1952年。 敗戦後の日本には産業振興のため多くのアメリカ人が来日していました。...

はきもの · 2022/06/08
かなり前の話ではあるのですが…、生分解性シューズを試作してみました。 コットン100%アッパー + 紐 に TPUソールを組み合わせたもので100%自然分解します。...

はきもの · 2021/09/07
一昨日閉幕した2020東京パラリンピック。 今回はオリンピック、パラリンピックともにほとんど見れていなかったのですが、たまたま目にしたダイジェスト映像でちょっと気になったことがありました。 パラリンピックの卓球選手…、義足に靴を履いている?...

はきもの · 2021/08/05
靴は多くの部品を使用する機能性商品ですが、とりわけ靴底は全体重を支えつつ運動をサポートする重要な役目が求められるため、性能向上を目指して多種多様の素材が用いられてきました。...

さらに表示する